茶道茶道の道具 > 薄茶器

薄茶器

  中次  金輪寺

薄茶器

薄茶器(うすちゃき) とは、薄器(うすき)とも呼ばれ、薄茶を入れる容器の総称です。
材質は、木地・漆器・象牙・竹・一閑張・籠地などがあります。
形状は、大きく分けて「中次(なかつぎ)形」と「(なつめ)形」とに分けられ、中次形としては、円筒形の胴の中央部に合わせ目(合口)がある「真中次(しんなかつぎ)」、真中次の蓋の肩を面取りした「面中次(めんなかつぎ)」、面中次の蓋を浅くした「茶桶(ちゃおけ)」、茶桶の身の裾も面取りした「吹雪(ふぶき)」、形としては、吹雪の角を取り全体を曲面にした「(なつめ)」、を平たくした「平棗(ひらなつめ)」の六種が基本の形です。
『源流茶話』に「は小壺の挽家、中次ハかたつきのひき家より見立られ候」、『槐記』に「大体は、茶入の挽家也。夫故文琳、丸壺、肩衝を始として、夫々の茶入の形に応じて、挽家はある物故、唐物廿四の挽家にある形より、外はなき筈也、と合点すべし。是大事の習也。」とあるように、一般的な説としては、元来は唐物 茶入の「挽家(ひきや)」(中に入れる茶入の形に轆轤で挽いた木地に漆塗りした容器)で、茶入濃茶を点てたあと、茶入を収める器である挽家で薄茶を点てたのが始まりといわれます。
それが、後に薄茶器として独立し、「塗茶入」と呼ばれるようになり、やがて塗茶入に限って濃茶にも使用するまでになり、時代が進むにつれて形を変化させ、多様な薄茶器が生み出されたとされます。
別に、後醍醐天皇が作らせたとされる「金輪寺」といわれる寸切形の茶器があり、享徳3年(1454)頃の百科便覧『撮壌集』や室町中期の国語辞典『節用集』に「金輪寺」とほぼ同型の「寸切茶器」を表す「頭切」や「筒切」「寸切」の文字が見られます。
また、『節用集』に「薬器ヤッキ 薬籠ヤロウ」とあり、慶長8年(1603)の『日葡辞書』に「ヤロウまたはnacatcugui 碾いた茶を入れるある種の小箱」「ナカツキ 碾いた茶を入れておくのに使う、漆塗りの円形の小箱」、『雪間草』に「薬籠 当世の中次なり黒塗又やろうとも云」とあり、本来薬を入れる器である「薬器」「薬籠」が茶器として見立てられたのが始まりとする説もあります。

茶道をお気に入りに追加