茶道 > 茶道の道具

茶道の道具

掛軸 花入  風炉 炉縁 香合 水指 茶入 仕覆 茶器 茶碗 茶杓 蓋置 建水 柄杓 茶筅 茶巾 帛紗 茶壺 風炉先 棚物 炭道具 懐石道具 菓子器 煙草盆 灯燭具 露地道具 水屋道具

茶道具
茶道の道具として、茶席には、掛軸花入茶花が飾られ、お茶を点てるために、風炉または水指茶入または茶器茶碗茶杓蓋置建水などの道具と、柄杓茶筅茶巾帛紗を使います。
茶道の道具には、この他にも茶壺風炉先棚物炭道具懐石道具菓子器煙草盆灯燭具露地道具水屋道具など様々な道具があります。
永禄七年(1564)真松斎春溪の奥書のある利休時代の茶書『分類草人木』に「数寄と云う事、何れの道にも好み嗜むを云うべし。近代、茶の湯の道を数寄と云うは、数を寄するなれば、茶の湯には物数を集むる也。侘びたる人も、風炉小板水指水翻蓋置茶入茶碗茶筅茶杓茶巾囲炉自在炭斗火箸花入墨跡葉茶壺茶臼等を集むる也。諸芸の中に、茶の湯ほど道具を多く集むる者これ無し。」とあるように、道具を持つことが数奇の本来の意味だとしています。
このように、茶道の歴史の中で、茶の具足、つまり茶道具を持つことが茶道の本質に含まれているのです。

茶道の基本的な道具

  1.    
    掛軸 花入に入れた茶花
    掛軸花入茶花
    炉にかけた釜 水指と茶器と仕組んだ茶碗
    にかけた水指茶器茶碗
    茶入と仕覆 茶杓、茶筅、茶巾を仕組んだ茶碗
    茶入仕覆茶杓茶筅茶巾
    を仕組んだ茶碗
    蓋置 建水
    蓋置建水
    掛軸(かけじく)
  2. 花入(はないれ)
  3. (かま)
  4. 風炉(ふろ)
  5. 炉縁(ろぶち)
  6. 水指(みずさし)
  7. 茶入(ちゃいれ)
  8. 仕覆(しふく)
  9. 茶器(ちゃき)
  10. 茶碗(ちゃわん)
  11. 茶杓(ちゃしゃく)
  12. 蓋置(ふたおき)
  13. 建水(けんすい)
  14. 柄杓(ひしゃく)
  15. 茶筅(ちゃせん)
  16. 茶巾(ちゃきん)
  17. 帛紗(ふくさ)

 

 

茶道をお気に入りに追加