×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 
茶道茶道の道具鳴物 > 銅鑼

銅鑼

銅鑼 喚鐘 板木 木魚

銅鑼

銅鑼(どら)は、丸盆形の中央が半球状にやや膨らんだ金属製の打楽器です。
銅鑼は、縁に紐を付け、天井に吊るしたり、銅鑼枠と呼ばれる木製の枠に吊り下げたり、紐を手で持ち吊るして、中央部の半球状に膨らんでいる部分を、皮巻きの球に柄を付けた棓(ばい)で打ち鳴らして、主に亭主が中立して腰掛で待つ客に茶席の準備がととのったことを知らせるものです。
銅鑼は、銅製の「鑼」というところから「どうら」と呼ばれ、これが変化して「どら」になったともいわれ、「鐃」「鉦」とも書かれます。
銅鑼は、銅と錫の合金の砂張(さはり)製が最もすばらしい音色を出すとされます。
銅鑼の打ち方には、大中小があり、強弱緩急をつけます。
銅鑼は、一般的に、表千家では、小間の茶事に用いられ「大小大小中中大」と七点打ちます。広間では喚鐘を打ちます。 裏千家では、小間(五客以下)では「大小中中大」と五点打ち、広間(五客以上)では「大小大小中中大」と七点打ちます。夜咄では喚鐘を打ちます。 武者小路千家では、銅鑼を「大小大小中中大」と七点打ち、客の人数によっては「大小中中大」と五点打ち、夜咄では喚鐘を打ちます。
銅鑼の打ち方で、貴人客などのときは、銅鑼の打残し(どらのうちのこし)といい、最後の大の音を打たずに亭主自ら迎え付けに出ることがあります。

『茶湯古事談』に「中立之後の人の相図に鉦を打事ハ伏見にて去人のすきやより腰懸まてあまりに遠かりしゆへ鉦をうちしより始りぬ、然るに至て問近き所にても鉦をうつハいかゝ也となん」とあります。
『陸安集』に「くぐりの戸を明けず、鉦を打つ事、古田織部より始まる。古織、伏見住居の時、数寄屋より腰懸まで程遠き故、座敷の仕廻し、客へ知れざるに付きて案内の為に鉦をうたれたれば、利翁、是も面白しと言われしより用い来るなり。鑵鐘は、利翁より用いたるなり。此の二品の外用いず。擔下、数寄屋近き腰懸に鉦を打つ事、此の故に心得ざる事なり。」とあります。
『和漢三才図会』に「銅鑼(どうら) 按銅鑼本於鉦鼓作之今民家亦毎用為夜戎守之具與〓互用矣其形如銅盥以唐銅作」(按ずるに銅鑼は鉦鼓に本ずいて之を作る、今は民家にも亦毎に用て夜戎之守る具と為す〓與互用矣、其の形は銅盥(かなだらい)の如し、唐銅を以て作る)とあります。
『正字通』に「鑼 郎何切、音羅。築銅爲之、形如盆、大者聲揚、小者聲殺。樂書有銅鑼。自後魏宣武以後、好胡音、銅鈸沙羅、沙羅卽䤬鑼。六書故曰、今之金聲、用於軍旅者。亦以爲盥盆。」とあります。
『茶道湯一会集』に 「前文の如く、亭主、口取持出退くとき、給仕口際にて、正客へ向ひ、しばらく御休息下さるべく哉と申せば、正客よりも、しばらく休息いたし度、御亭主にも御休息有之やうにと申すべし、清規なれば鳴物を以て御知らせ可申旨申すなり。或は鳴物にて御知せ可申とばかり申してもよし。正客応之、給仕口〆る。(又は勝手口にても、)亦貴人正客のときは、右の挨拶詰へ向ひ伺ひ申事も有り。亦貴人正客ならば、正客より、しばらく休息可致、鳴物にて相図をと被申事もあり。亭主応之。給仕口〆る。抑鳴物挨拶の仕方、前顕の如きは当流に限る事なり。元より休師の立てし茶法は、禅林の清規をうつしたるは勿倫の事なり、然るに禅林に於て、和尚の上堂するも、鳴物を以て相図を定むるをや、今茶事にもちふる鳴物も、全く其風儀にて、草庵の清規と云ふ事、実に動くまじき茶規なり。努々貴客に対し略儀失礼の仕方にあらざる事を知るべし。扨、流布の茶家諸流を見るに、鳴物はひたすら略儀と心得、挨拶にも略儀乍ら鳴物を以って云々、又は貴人正客の節は、是非初のごとく迎に出て申すべしなど、皆茶道の本意にそむけり。乍去茶味禅味不得道なる客を得ては、時宜によりて略儀と申しても、迎に出たりとも、夫は制外とおもふべし。渓鼠余談に、浅露地鳴物は無用なり。深き露地たりとも、敬客には用捨あるべし。雪中・月夕・雨中露地に風情ある時節は、鳴物を打べし云々。此説も又前の説に同じく。茶道の本意にいたらざるなり。猶又月雪などの風情を増す為にもあらず。しかし折にふれて、おのづからの風情にはなるべし。その元を失ふことなかれ。 」 「一 鑼・喚鐘打様之事、せはしく打は悪く、如何にも静にして、間のぬけたるは猶あしゝ、心しとやかに、ひゝきの不絶やうに打事、口伝有り、当流打様 大 中 大 小−大 小−大 右七つ打事、定規也、略して五つ打時は、末の小大を省くへし、千家に、鑼七つ、但し五つ打か、又、客の数打か、三通り也、喚鐘は五つ一通り也と云々、尤図有り、又、くゝり近き腰掛ならは、内の置合、掃除を仕廻、潜の口を明け掃出し、外へ出て案内を云事もあり、又上から、是より申ます、御勝手に御入被成候へと云ひて、潜り口を少し明かけ置事もあり、客亭の品に可依、昔は内の仕付済てはき出し、くゝりの口を明かけ置て、勝手次第に入座仕りたる事也、今も此仕方する人もあり、心得へしと云々、是は平点規範の説也、当流にては是非鳴物を用ゆる事、本文に委しくいへるかことし」とあります。

     
銅鑼  喚鐘  板木  木魚

茶道をお気に入りに追加

鳴り物 ドラ