×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 
茶道茶道の点前割り稽古 > 茶杓の拭き方

茶杓の拭き方

表千家  裏千家  武者小路千家

お茶を点てるときに、抹茶をすくう茶杓(ちゃしゃく)を帛紗(ふくさ) で拭いて清める所作をします。

表千家

  1. 帛紗さばきをして、左手に帛紗を持ち、右手で茶杓を取り、帛紗の上に載せます。
  2. 左親指で帛紗を折って茶杓を挟み、右手は動かさず、左手の帛紗だけを動かして、手元から櫂先まで、茶杓の上下の面を拭き、帛紗をそのまま手元に戻します。
  3. 二度目は、帛紗を上向け、茶杓の側面をはさみ、手元より櫂先まで拭き、そのまま帛紗を手元まで戻します。
  4. 三度目は、茶杓の上下に帛紗をはさみ、再び茶杓の上下を櫂先まで拭き、帛紗を少しゆるめて、茶杓帛紗の右横から抜きます。

裏千家

  1. 帛紗さばきをして、右手で帛紗を左手のひらに載せ、右手で茶杓を取り、帛紗の中央に載せます。
  2. 帛紗を二つに折り、親指を上、四本の指はふくらみを持たせて軽く曲げ、茶杓の上下を、中節まで拭いたら、節で指をゆるめ、節から上を櫂先まで一気に拭き、掌を上に向けて、帛紗の向きを変え、茶杓の横を拭くようにして、手元に戻ります。
  3. 二度目は、両横を節まで拭き、節からは親指が上になるようにして、皮目を櫂先まで拭き、そのまま拭き戻ります。
  4. 三度目は、最初と同じように拭き、櫂先まで拭いて、帛紗を櫂先から左向こうへと抜きます。

武者小路千家

  1. 帛紗さばきをして、左手に帛紗を持ち、右手で茶杓を取り、帛紗の上に載せます。
  2. 左親指で帛紗を折って茶杓を挟み、右手は動かさず、左手の帛紗だけを動かして、手元から櫂先まで、茶杓の上下の面を拭き、帛紗をゆるめて手元に戻します。
  3. 二度目は、帛紗を上向け、茶杓の側面をはさみ、同様に手元より櫂先まで拭きます。同様に帛紗を手元まで戻します。
  4. 三度目は、茶杓の上下に帛紗をはさみ、再び茶杓の上下を櫂先まで拭き、帛紗を櫂先から左向こうへと抜きます。

 

  1. 帛紗の扱い
  2. 帛紗のつけ方
  3. 帛紗さばき
  4. 茶器の拭き方
  5. 茶杓の拭き方
  6. 茶筅とおし
  7. 茶巾のたたみ方
  8. 茶碗の拭き方
  9. お茶の点て方

茶道をお気に入りに追加