×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 
茶道茶道の道具掛軸 > 経切

経切

墨跡 経切 古筆 懐紙 消息 色紙 詠草 短冊 唐絵 画賛

掛軸
経切(きょうぎれ) とは、経巻の断簡のことです。
元来、巻子本などであった仏教経典の写本を、鑑賞用とするため切断し、掛物に仕立てたものをいいます。
平安時代には、宮廷貴族を中心として写経が盛んになり、料紙も金銀泥で蝶や鳥、草花を描いた蝶鳥下絵経や金銀砂子や切箔、野毛などをふんだんに使用したもの、きらには紺紙や紫紙に金銀で写経した荘厳経と呼ばれるものが多く現存しています。

茶道をお気に入りに追加