×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 
茶道茶道の道具露地道具 > 露地下駄

露地下駄

露地草履 露地下駄 露地笠 円座 蹲踞柄杓 手桶 湯桶 手水桶 塵箸 露地箒 板木  触杖 塵取 露地行灯 足元行灯 手燭

露地下駄

露地下駄

露地下駄(ろじげた)は、雨天や雪の場合に露地を歩くときに履く、柾目の赤杉材に、竹の皮を撚った鼻緒を付けた下駄です。
露地下駄は、数寄屋下駄(すきやげた)ともいいます。
雨天や雪の場合以外は、露地下駄は履かず、露地草履を履きます。

『茶道筌蹄』に「下駄 利休形、杉に竹の皮鼻緒なり」とあります。
『南方録』に「露地の出入は、客も亭主もげたをはく事、紹鴎の定め也、草木の露ふかき所往来する故如是、互にくつの音、不巧者巧者をきヽしるといふに、かしかましくなきやうに、又さしあしするやうにもなく、をだやかに無心なるが巧者としるべし、得心の人ならで批判しがたし、宗易好みにて、此比草履のうらにかわをあて、せきだとて当津今市町にてつくらせ、露地に用られ候、此事を聞申たれば、易の云、げたをはく事、今更あしきにはあらず候へども、鴎の茶にも、易ともに三人ならで、げたを踏得たるものなしと鴎もいわれし也、今京堺奈良にかけて、数十人のすき者あれども、げたをはく巧者は、僧ともに五人ならではなし、これいつもゆびを折事也、されば得道したる故は云に不及事也、心得なき衆は、先々せきだをはきて玉はれかし、亭坊別而かしましさの物ずきありと笑はれし」とあります。
『茶道早合点』に「廬路下駄 雨ふりにはく」とあります。
『茶式湖月抄』に「路次下駄 長八寸二分、巾三寸二分、高一寸二分、鼻緒真竹の皮つぶない、(前端と鼻緒)此間九分、(前歯長)三寸二分、(後歯長)二寸三分、(歯間長)二寸八分、(歯間高)のこり四分」とあります。

     
露地草履  露地下駄  露地笠  円座
     
蹲踞柄杓  手桶  湯桶  手水桶
     
塵箸  露地箒  板木 
     
触杖  塵取  露地行灯  手燭

茶道をお気に入りに追加