×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 
茶道茶道の道具露地道具 > 湯桶

湯桶

露地草履 露地下駄 露地笠 円座 蹲踞柄杓 手桶 湯桶 手水桶 塵箸 露地箒 板木  触杖 塵取 露地行灯 足元行灯 手燭

湯桶

湯桶(ゆおけ)は、寒中に手水に替えて湯を使うために、蹲踞の湯桶石の上に置く、湯を入れておくための桶です。
湯桶は、利休形は、杉木地を曲げ、上部に手が付き、割蓋が添い、底には四つの足が付いたものです。

『茶道筌蹄』に「湯桶 利休形、スギの曲物、割蓋、三ツ足、寒中後座に用ゆ、初座には不用、亭主の卑下也、初入の手水は客の心持次第、後入は食後なれば是非に口をすヽぐゆへ湯桶を出す、侘は手水鉢へ直に入るヽなり」とあります。
『茶式湖月抄』に「利休好湯桶 杉 指わたし八寸七分、カワ高六寸四分半、厚三分、フタ厚三分、一分しゃくりこみ、手の巾八分半、高一寸八分、クリ六寸六分、高さ一寸、ソコ厚四分、アシ長一寸九分、巾八分、高四分半、カワのすみ二尺七寸二分、内のカワのすみ二尺五寸九分」とあります。

     
露地草履  露地下駄  露地笠  円座
     
蹲踞柄杓  手桶  湯桶  手水桶
     
塵箸  露地箒  板木 
     
触杖  塵取  露地行灯  手燭

茶道をお気に入りに追加