×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 
茶道茶道の道具灯燭具 > 膳燭

膳燭

短檠 竹檠 灯台 座敷行灯 露地行灯 小灯 膳燭 手燭 小道具


膳燭

膳燭

膳燭(ぜんしょく)は、懐石のときに膳の上を明るくするため膳の間に置く、蝋燭を立てるための台(燭台)です。
膳燭は、金属、陶磁、竹製などのものがあり、形や好みも多く、流用されているものもあります。
膳燭は、小灯よりは大きな燭台です。
膳燭は、懐石のとき、膳を出してその続きに出し、客二人に付き一つくらいが適当とされています。
古くは膳燭の定めはなく、手燭などを流用していたのではないかといいます。

『茶道筌蹄』に「小灯 青磁、瀬戸、楽焼(啐啄斎好香炉薬)、小座敷席中は小灯をもちゆ、広間と庭中は手燭をもちゆ」「金入り小灯 了々斎このみ、善五郎作」とあります。
『調度口伝』に「燭台の事 らうそくを立るもの也、大小品々有、真銅やカネ等なるべし、三ッ足有を式とす、しよくせん掛有、略義なるべし、鉄は略義なり」とあります。

     
短檠  竹檠  灯台  座敷行灯
     
露地行灯  小灯  膳燭  手燭

茶道をお気に入りに追加