茶道茶道の道具花入 > 青磁花入

青磁花入

砧青磁 天龍寺青磁 七官青磁 飛青磁

青磁花入

青磁花入(せいじはないれ)は、古銅器の写しから始まっており、形状もそれに倣ったものが多数です。
わが国では、中国青磁を大別して、南宋代の粉青色と呼ばれる鮮やかな青緑色の「砧手」(きぬたで)、元代(1271〜1368) から明代(1368〜1644) にかけてのやや黄色味を帶びた緑色の「天龍寺手」(てんりゅうじで)、明代後期の透明性のある淡い翠青色で貫入があるのが特徴とされる「七官手」(しちかんで)と呼び分けてきました。
また青磁花入の器形では、大きく「下蕪」「砧」「中蕪(尊形)」「j」の四種類に分かれます。
下蕪(しもかぶら)は、大きく張った胴に、太く長い頸のついた形の青磁花入です。下蕪の系列に入るものとしては「筍」「管耳」「細口」「銀杏口」「桔梗口」「柑子口」などの区別がされています。
砧(きぬた)は、肩のはっきりした胴に、筒型の長い頸のついた形の青磁花入です。砧形は、器表に紋がなく、「鳳凰耳」「鯱耳」「鯉耳」などの耳付で、口が盃形に開いたものが多数です。陽明文庫『立花図巻』に「鳥耳又魚耳 耳ノナキモアリ 盃ノナキモアリ」とあります。
中蕪(なかかぶら)は、膨らんだ胴にアサガオ状に開いた口と末広がりの台をもつ「尊」(そん)と、細い筒形の胴にアサガオ状に開いた口と末広がりの台をもつ「觚」(こ・さかずき)を倣ったものがあります。「觚」を倣ったもののなかで胴の張った部分のない形のものを「無蕪」(かぶらなし)といいます。
j(そう)は、方柱状で、上下端が丸く円筒状の青磁花入です。「算木手」(さんぎで)、「経筒」(きょうづつ)などとも呼ばれています。古代中国で祭祀用に使われた玉器である「j」を祖形としたものと考えられています。

『茶道筌蹄』に「青磁類。キヌタ 砧の杵の形、但し此手の品通してキヌタと云ふ。天龍寺 天龍寺什物の香炉の手也。七官 人の名前に見ゆ。中蕪 逆蕪 蕪なし。中かぶら 中程にあるを云ふ。逆かぶら 下にあるを云ふ。蕪なし かぶらなきを云ふ。桔梗口 口桔梗の花の形になるなり。竹子 竹子の形。鳥耳 耳付鳥の形。龍耳 耳付龍の形。さヽげ蔓、竪にすじあり。経筒 経巻を筒に入たる形に似たるゆへに云ふ。浮牡丹 一種の物七官より上は手。ひしほ手 ひしほ色なり。飛青磁 とびいろの薬処々にあるを云ふ。」とあります。

     
下蕪    中蕪  j

茶道をお気に入りに追加