茶道茶道の道具花入 > 古銅花入

古銅花入

桃尻 曾呂利 鶴一声 槌花入 角木 釣船 砂張

古銅花入

古銅(こどう)は、古代の銅器、またそれを写した銅を主体にした錫・鉛の合金で、古銅花入は花入の中で「真」の花入とされています。
古銅花入で、茶道で主に用いられたのは、中国宋から明頃につくられたもののようです。
古銅花入は、古くは尊・罍・觚・壺などの酒器として用いられた青銅器を後世写して花生としたものです。
古銅花入には様々な形がありますが、全体の姿から「槌」「中蕪」「下蕪」「蕪無」「薄端(末広)」「把綿(尊式)」「角木(尊式)」「杵」「経筒」「四方」「六角」「八角」「月」「舟」「鶴首」「桃底」「桃尻」「曾呂利」「壺」「扁壺」など、口造から「広口」「細口」「柑子口」「桔梗口」「鰐口」「耳口」など、耳の形から「管耳」「雲耳」「角耳」「蝶耳」「魚耳」「象耳」「龍耳」「痴龍耳」「鳥耳」「鳳凰耳」「鐶耳」「遊鐶」「不遊鐶」などと呼びならわしています。
古銅花入は、日本では鎌倉時代より禅僧や随伴した商人等によりに舶載されたものが仏前供花に用いられ、室町初期には座敷飾りに用いられるようになり、室町時代には花生の主役となり、室町将軍家や大名家などの座敷で飾られた唐物花瓶が尊重され今日に伝えられています。
舶載されたもののほかに日本でも写し物が多く作られたようで、東山時代にはすでに唐物と和物の区別が難しくなっています。
また、古銅と「唐銅」「胡銅」の別は明確ではないようです。
『山上宗二記』で名物とされている古銅花入は、耳のない細口の花入のみです。
桃山時代になると国焼や竹花入が生まれ、やがて花入の主流になっていき、古銅花入はあまり用いられなくなっていきます。
砂張は、東南アジアから中近東にかけて広く用いられていますが、ポルトガルやオランダ船などの南蛮貿易によってもたらされたところから「南蛮砂張」とも称され、東山時代既に南蛮ものとして珍重されていました。
南蛮砂張の釣舟花入は、「松本舟」「針屋舟」「淡路屋舟」の「天下三舟」とか「茜屋舟」「艜舟」を加えた「天下五舟」などと持て囃されました。
『君台観左右帳記』(東北大学本)に「胡銅之物 これは何とも可申候はす候、公方様御物ニハ三具足、花瓶なとに名物御座候へとも、つねの世上に今ある物共にて候間、不及申候。和漢の見やうは其物によりては口傳ならては難申候。繪胡銅の物大事にて候。紋のあるものはやすく候。無文の物大事に候歟。紫銅、宣旨銅は所々に金ましり候」とあります。
『山上宗二記』に「一 桃尻 関白様 本は珠光所持也。但し、古銅花入、天下一名物。五通の文を指す。四方盆にすわる。」「一 そろり 古銅無紋の花入。紹鴎。天下無双花入也。関白様に在り。」、「一 槌の花入 紫銅無紋の花入、本は紹鴎所持也。四方盆に居わる。関白様より上る。本御所様に在り。」とあります。
『烏鼠集(うそしゅう)』に「古銅の物 かなはたさくりとしたるハ漢也、又ためぬるりとしたるハ和、き扨見事なるハ漢、轆轤め有ハ和」とあります。
明の張謙徳(1577〜1643)の『缾花譜』に「銅器之可用挿花者、曰尊、曰罍、曰觚、曰壺、古人原用貯酒、今取以挿花、極似合宣、古銅缾鉢、入土年久、受土氣深、以養花、花色鮮明、如枝頭、開速而謝遅、或謝則就缾結實、若水秀傳世古則爾、陶器入土千年亦然」とあります。

     
桃尻  曾呂利  鶴一声  角木

茶道をお気に入りに追加