×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 
茶道茶道の道具蓋置 > 三輪

三輪蓋置

七種蓋置   糸巻 駅鈴 夜学 笹蟹 三輪 墨台 つくね 硯屏 

三つ輪蓋置

三輪蓋置(みつわ ふたおき)とは、三つの輪を立てて繋いだ形の蓋置です。
三輪蓋置は、三つ人形の系統を引いたもので、三つの物を輪に繋いだものとしては、三人形の唐子が猿になった「庚申」(こうしん)、三人形の唐子が狐と猟師と庄屋になった「庄屋拳」(しょうやけん)、三人形の唐子がトンボになった「蜻蛉」(とんぼ)、三つの松笠が輪になった「三松笠」(みつまつかさ)、三つの鈴が輪になった「三鈴」(みつすず)、三つの扇が輪になった「三扇」(みつおうぎ)、三つの俵が輪になった「三俵」(みつたわら)、裏千家十一世玄々斎好「三鳥居」(みつとりい)などがあります。

     
七種蓋置      糸巻
     
駅鈴  夜学  笹蟹  三輪
     
墨台  つくね  硯屏 
     
火舎  五徳  三葉  一閑人
     
栄螺  三人形    七種

茶道をお気に入りに追加