×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 
茶道茶道の道具蓋置七種蓋置 > 栄螺

栄螺蓋置

火舎 五徳 三葉 一閑人 栄螺 三人形 

栄螺蓋置

栄螺蓋置(さざえ ふたおき)とは、栄螺の形をした蓋置です。
栄螺蓋置は、栄螺貝の内部に金箔を押したものを使ったのが最初といわれ、のちにこれに似せて唐銅や陶磁器でつくたものを用いるようになったといわれます。
栄螺蓋置は、置きつけるときは口を上に向けて用い、飾るときは口を下に向けて飾ります。

『茶道筌蹄』に「栄螺 大は真鍮、千家にては用ひず、小は唐金、利休所持」とあります。

       
七種蓋置  火舎  五徳  三葉 
       
一閑人  栄螺  三人形   
     
七種蓋置      糸巻
     
駅鈴  夜学  笹蟹  三輪
     
墨台  つくね  硯屏 

茶道をお気に入りに追加