×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 
茶道茶道の道具水屋道具 > 底取

底取

水桶 水屋瓶 掻器 水漉 茶巾洗 薬缶 片口 大口 箱炭斗 釜据 板釜敷 掴羽 火箸 水屋鐶 釜洗 火吹竹 火起 台十能 底取 半田 座掃 掃込 塵取 火消壺 炭切溜 炭切形 茶掃箱 茶匙 小羽箒 茶漏斗 茶篩 挽溜 茶通箱 茶臼 挽木箱 布巾 手拭 雑巾 掛灯台 花切溜 花台 花水次 小刀

底取

底取(そことり)は、 炉や風炉の灰をすくい取るのに用いる灰匙のことです。
底取は、下取杓子(したとりしゃくし)ともいいます。
底取は、銅製の平椀状をしたものに直角に立ち上がった柄が付いたもので、柄を竹の皮で包み、紺の麻撚糸で巻き上げてあります。
底取は、大小一組で、炉用は大きく、風炉用は小さくなっています。
底取は、水屋道具ですが、廻り炭や炉の炭所望などでは巴半田に添えて用いられます。

『茶道筌蹄』に「底取 炉風炉共竹の皮巻き」とあります。
『茶道要録』に「下取杓子之事、炉風炉共に打延にて、取柄を籜にて包み、青麻縄にて巻なり、炉は大、風炉は小也、末流に底取と云不用」とあります。
『茶式湖月抄』に「居炉裏底取寸法 赤金にくろめ打のべ柄の中に張ぬき深さ六分半、柄は元より五寸二分の間竹の皮にて巻き上て青糸のほそき小よりにてまく、巻きやう図の如し、もとの方にて少皮を折かへし候、柄の太さ元にて五分半、上にて五分、平四分半、惣長さ柄先より匕先まで一尺六分、三寸六分半裏より見る図、按するにたが子の斗のあり菊はかりあり如図菊桐あり」「風炉之底取寸法 赤胴にくろめ柄の内は張ぬき柄まで打のべ、柄の元より四寸ばかり竹の皮にてまき上て青糸のほそきなはにて巻く、竹の皮にて巻たる上を三所小よりにて結たるもあり、杓子惣長さ八寸七分柄とも」とあります。

     
水桶  水屋瓶  掻器  水漉
     
茶巾洗  薬缶  片口  大口
     
箱炭斗  釜据  板釜敷  掴羽
     
火箸  水屋鐶  釜洗  火吹竹
     
火起  台十能  底取  半田
     
火消壺  座掃  掃込  塵取
     
炭切溜  炭切形  茶臼  挽木箱
     
茶篩  挽溜  茶通箱  茶掃箱
     
茶匙  小羽箒  茶漏斗  布巾
     
手拭  雑巾  掛灯台  花切溜
     
花台  花水次  小刀 

茶道をお気に入りに追加