茶道茶道の道具水屋道具 > 箱炭斗

箱炭斗

水桶 水屋瓶 掻器 水漉 茶巾洗 薬缶 片口 大口 箱炭斗 釜据 板釜敷 掴羽 火箸 水屋鐶 釜洗 火吹竹 火起 台十能 底取 半田 座掃 掃込 塵取 火消壺 炭切溜 炭切形 茶掃箱 茶匙 小羽箒 茶漏斗 茶篩 挽溜 茶通箱 茶臼 挽木箱 布巾 手拭 雑巾 掛灯台 花切溜 花台 花水次 小刀

箱炭斗

箱炭斗(はこすみとり)は、四方形の箱形で持手が付いている水屋用の炭斗のことです。
箱炭斗は、勝手炭斗ともいいます。
箱炭斗は、席中の炉や風炉の火を補足するためにも持ち出す炭斗で、夜咄の茶事では止炭に用いられます。
利休形の箱炭斗は、桑木地で、やや上広がりで、上が八寸八分四方、下が八寸四方となっています。
箱炭斗は、道具炭・切炭・香箱(炉では香溜)を入れ、長火箸を手前の手に添えて立て、炭斗の手の角と火箸へかけて真鍮の水屋鐶をかけ、もう一方の手の角には板釜敷をかけて掴み羽を添えておきます。

『茶道筌蹄』に「桑箱 利休形、勝手物、かまの仕懸け仕舞にもちゆ、老人わび者は座しきに用いてもよし」とあります。
『茶式湖月抄』に「桑炭斗 利休 大さ 上八寸八分四方 下八寸分中 高内法五寸三分 厚三分二つよし 三つほそ釘二本打 底釘長六本横七本 手高さカワの上より三寸七分上に出 柱太さ八分半に六分 手は八寸七分半に六分」とあります。
『千家茶事不白斎聞書』に「桑の炭取利休、是は勝手物也、常体座敷には廻り炭の時など遣ふ」とあります。
『茶道要録』に「勝手の烏府は桐にて作り、漆塗て用ゆ、寸法別に記あり、此を用る時は取手の角に鐶を掛置也、板にて作る、釜置此具たり、炭色々を組入、上に火筋、釜置、香合、鐶、羽箒を置べし、炭取少くして各難載時は、香合を棚、箒を栓に掛べし、棚なき時は香合をば必ず炭斗に置、釜置をば紙を用て懐中す、後の炭の時は、香合を杓子に載て、土鍋に入持出、其杓子の入時、香器を其座へ直す也、都て炭斗に前後あり、口伝、侘人は〓(上竹下斫)(とをし;篩、漉米之竹器)の内を湊紙にて張て用ゆ」とあります。

     
水桶  水屋瓶  掻器  水漉
     
茶巾洗  薬缶  片口  大口
     
箱炭斗  釜据  板釜敷  掴羽
     
火箸  水屋鐶  釜洗  火吹竹
     
火起  台十能  底取  半田
     
火消壺  座掃  掃込  塵取
     
炭切溜  炭切形  茶臼  挽木箱
     
茶篩  挽溜  茶通箱  茶掃箱
     
茶匙  小羽箒  茶漏斗  布巾
     
手拭  雑巾  掛灯台  花切溜
     
花台  花水次  小刀 

茶道をお気に入りに追加