×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 
茶道茶道の道具 > 自在

自在

芦屋釜 天命釜 京釜 釜師 釜形 釜蓋   鐶付   釜肌 地文  自在  前土器  透木

自在

自在(じざい)とは、茶の湯釜を炉に吊るための道具のひとつで、筒竹の、上端に掛緒(釣手)、下端に小猿と鉤を付け、掛緒を天井の蛭鉤にかけ、鉤に釜を掛けて吊ります。
自在は、利休好みは、竹製で節が七つ、上端に掛縄(釣手)、下端に小猿(こざる)という小さな横木を通して鉤を付け、猿縄(さるなわ)という吊り紐で小猿を吊り、小猿によって鉤を上下自在に調節することができます。
自在の竹木口は、炉縁まで、小座敷は九寸上がり、四畳半は一尺上がりに吊ります。
自在は、長さ四尺七寸五分、太さ一寸一分、上の穴一寸四分下がり、径三分。下の穴一寸三分上がり、径二分、下の節は五分上り。下端に小猿(こざる)という小さな横木を通して鉤が付き、鉤は茱萸(ぐみ)の木の又で、長さ一尺七寸六分、太さ四分、曲がった部分は五分に七分、緒は麻の四つ打ちを用います。小猿は、枇杷または桜で、なかには魚の形をしたものもあり、長さは中央で二寸三分五厘、端で二寸二分五厘、厚さ二分、鈎穴は径四分五厘で木口より二分入り、幅七分、紐穴は二分五厘入ったところに、穴径一分、幅五分で、鈎穴、紐穴、小猿の竪縁ともに面取りはなく、二つの穴のあいている縁だけ両方とも角が面を取ってあります。紐は、長さ二寸で、水縄四つ打ちの紐を通し、下げ紐は長さ九寸八分、先に長さ九分の革緒がついています。
自在は、武者小路千家十一代一指斎一叟の好みに、竹の代わりに紐を用いた糸組の自在があります。紐は友湖の作、小猿は魚の形をしていて、青磁、染付、金溜が和全の作、桐木地が利斎の作、鈎は浄益の作で、他に鉄金象嵌の釜釣、釜鐶、火箸が添っています。
自在は、宣徳でできたものもあります。

『茶道筌蹄』に「自在 利休形、居士時代はヒル釘へ前より懸るゆへ釣緒の勝手違ふゆへ利休判あるは埋れ木にてつり緒つけかへある也、小ザルは何勝手にても右へなるなり、坐より自在の端まて小間は九寸五分、広間は一尺五分、竹のふしは又隠六尺五寸の天井にてフシの数八つ也、又隠の外はフシ不定、小ザルは厚朴木、鍵は茱萸、小ザルの付緒、上の懸緒とも白苧也」とあります。
『茶式湖月抄』に「自在竹 長四尺七寸五分、節七ツ、緒は麻三ツグリ、太さ一寸一分、此穴上より一寸四分下け三分つヽ、此穴一寸三分上る二分の穴、此の節八分上る。但小座敷安き高九寸、八畳敷一尺。下ゲサヤ、長五寸八分、革緒九分」「自在竹之寸法 カキ長さ 一尺七寸 茱萸の木のマタを用ゆ。小ザル イスの木を用ゆ、破やすきもの故堅き目のつまりたる木を用ゆ、尤外の木にても此心得あるべし、厚さ広き方にて三分半細き方にて三分。具図絵 惣長さ二寸五分半、ひろき方巾六分半厚三分、せまき方巾五分半厚さ三分。竹 大かた小座敷に用ゆる自由はフシ七つ八つ太さ三分まわり青竹大方よし。四畳半其外出炉のときは下の節目を面へなるやうに切るん向ぎりの井ロリは下の節の目を前になるやうに切なり下の節に目なきときは次の節目を右の通に用ゆるなり、とかく客へ目を見するやうに切なり。座敷天井高き所にては五尺までもあり、其時は上の節を切より三寸より四寸五分まても延す事あり、又は竹の有合ほにて少しつヽの伸縮ありしかれども三寸より短くはせぬなり、長くとも四寸五分よりかぎりたるべし、下の切とめより節まで七分これは長く短く是料簡なり、上の切とめより穴のきはまで一寸三分穴三分半、下の切とめより一寸一分尤穴ぎわまでの事なり、穴の広さ二分半。宗全より切始り候、天井六尺一寸の自在竹長さ四尺九寸なり、少し竹短かく見え候、宗全へ自在の事相尋るとき被申候は炉ぶちの上端より自在竹の下の切溜までの寸法大方九寸より一尺一寸までのうち見合次第に切へしと被申候なり、併九寸の自在竹はいかふ窮屈に相見へ手廻もあしく候、今案ずる二三尺五分くらいよき程に相見へ候、併しこれも座敷の広狭にもよるべし。小座敷 小座敷天井の高さもしらす切給り候へと申ときは竹の長さ四尺七寸にして切よしとなり、然らば右のやうすを考へ見るときは四尺七寸の竹のときは大方天井の高五尺九寸の天井たるべし。掛縄小サル縄 掛縄上切とめより穴のきはまで一寸三分穴三分半に弱、縄三分半、麻三ツくりにして二ツになひて太さ三分半に引付てしごき上へ竹の切口より縄のアキ四分ばかり、縄は尤竹の中て留るなり。小ざる縄 下の切とめより一寸一分尤穴ぎはまでの事なり、穴の広さ二分半、尤三つくりを二つなひにして小さるの下の穴ぎはにて一つむすびにして本よりすんと切る。自在切 竹長さ大方天井の高さに二尺二寸みじかく切候得ばよく候、しかし是れにては畳より竹の切どめまで之間一尺五分になり申候、恰合のび過て見へ候間天井の高さ一尺二寸三分か五分ほどみじかく切可然候、上の掛糸の所にて一寸五分ほど間有之つもりなり」とあります。

     
      自在 

茶道をお気に入りに追加