×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 
茶道茶道の道具 > 摘

芦屋釜 天命釜 京釜 釜師 釜形 釜蓋   鐶付   釜肌 地文  自在  前土器  透木

釜摘

摘(つまみ)とは、茶の湯釜の蓋の中央に取り付けられた、釜蓋を持つときにつまむための取手金具です。
摘は、「撮」「爪取」とも書きます。
摘の材質は、唐銅、黄銅などのほか南鐐(銀)によるものもあります。
摘は、鋳物によるもの、鎚で叩いて形作っていく鎚起(ついき)、蝋型、透かしなどの彫金の手法によるものがあります。
摘には、熱くなりにくいように熱を逃がすための透かしが施してあります。
摘は、釜蓋に下敷の座と軸棒を取り付け、つまみを天座とともに、かしめて取り付けます。
摘の意匠には、「柑子」(こうじ)、「山梔子」(くちなし)、「梅」(うめ)、「菊」(きく)、「箪瓢」(たんぴょう)、「繭」(まゆ)、「方喰」(かたばみ)、「切子」(きりこ)、「掻立鐶」(かきたてかん)など種々あります。

『茶道筌蹄』に「つまみ 花の実 梅の花を二つ合せたる形也、すきなすび(透茄子)、くちなし、鋳ぬきつまみ(俗に薬鍋蓋と云ふ)、鉄しひ(椎)つまみ、鐶つまみ(俗にかきたてつまみと云)」とあります。
『藤村庸軒茶談』に「銅の磨蓋にして、透茄子を付たるを、真の蓋と云也。又恵明蓋と云は、銅にて膚を梨地膚に鋳付たる有。恵明と云子細不一二。」「爪取(つまみ)。釜蓋の取手の惣名也。松笠、竹節、鉦鞁、耳塩、吹貝、簺鯽(さくえみ)、竜頭、兔耳、透茄子、蝸牛、板屋貝、蜻蜓、鬼面、揖きりこ、はじき、大方如此の類。蓋の爪取、鐶付に用也、此外異形の物有之間、ことごとく記がたし。」とあります。

     
柑子  山梔子     
     
箪瓢    切子  掻立 

茶道をお気に入りに追加